水泳教室の探し方と効果と費用のご案内

希望に沿う水泳教室の探し方と効果や費用を説明します

水泳教室に通うための準備や費用について

子どものころに水泳教室に通っていたという人も多いですが、水泳教室は今でも人気の高い習い事です。現在子どもに習わせている習い事ランキングや、子どもに習わせたい習い事ランキングでも常に上位にランクインしているほどです。水泳の効果はただ単に筋肉を鍛えるだけでなく、脳にも良い影響を与えるものとして近年再注目されています。水泳は、水など外部からの刺激を受けることで皮膚が鍛えられ、体温調節機能の向上や、自律神経の強化が期待できるなどその効果は多岐にわたり、風邪にも負けにくい丈夫な身体をつくることにもつながります。また、最近ではベビースイミングや親子スイミングといったママ・パパがお子さんと一緒に参加する水泳教室も人気となっており、水泳教室は親子のスキンシップの場としても最適といえます。

子どもを水泳教室に通わせるメリット

テレビゲームやポータブルゲームの普及に伴い、近年子どもの体力低下が問題視されていますが、お子さんの運動不足が心配なら水泳教室に通わせてみるのもおすすめです。水の中で身体全体を使って泳ぐ水泳は、はじめのうちはぐったりしてしまうほどハードな運動ではありますが、浮力により骨や関節に負担をかけずに全身運動を行うことができるので、身体の成長が著しい幼児期でも身体に負担をかけずにバランスの取れた身体づくりを行うことができます。また、最近は運動不足によって肥満体型の子どもも増えていますが、体全身を使って運動する水泳はお子さんの肥満予防にも効果的です。その他にも、万が一子どもが海や川に落ちてしまった場合でも、日ごろから水に慣れさせておけば、緊急事態の場合でもパニックにならず対処することができるので、いざという時にも役立ちます。

水泳教室に通わせる前に知っておきたいこと

水泳教室に通うとなると、初期費用として水泳教室への入会金と水着やキャップ、ゴーグル等道具の購入費用が必要となります。一般的に水泳教室の入会金は5000円から10000円程度が相場となっており、水着やキャップといった水泳教室に必要な道具の購入費用も5000円前後と、ピアノや最近人気のフィギュアスケートなどの習い事と比べると費用も安いので、比較的始めやすい習い事でもあります。しかし、水泳教室に通わせる場合、毎月月謝が発生します。月謝は週に何回水泳教室に通わせるかによって変わってくるため、お子さんを水泳教室に通わせる場合は事前にひと月にかかる費用についてもしっかり把握しておくことが大切です。また、上達すればコースを変更したり、通う回数を増やしたり、水泳教室以外で開催される大会に参加するとなるとエントリー費用や遠征費用が別途必要となることも多いです。